トリキュラーを正しいサイクルで使う

ピルの種類もいろいろあるのですが、日本でよく使われているのは三相性のタイプのトリキュラーです。三相性というのはどういうことかと言うと、女性ホルモンのバランスは日々変化しています。その変化に合わせて作られているので、子宮内膜の状態が安定するため不正出血が起こりにくいなどのメリットがあります。ただし、きちんと順番どおりに飲んでいかないと避妊の効果が得られないというのもトリキュラーの特徴と言ってもいいでしょう。

21錠タイプと28錠タイプがあるのですが、どちらも基本的には同じです。28錠タイプは7錠増えているのですが、これは薬を飲まない期間の分も忘れないように飲み続けていけるように管理しやすくしたタイプと考えて差し支えありません。この休薬期間の間に、見かけ上の月経である消退月経がきます。

まずはシートを見てみると、飲み始めの初日からシート最後の分まで1から21、または1から28の記述があります。実薬部分ですが、これはまず赤色が6錠、その次に白色が5錠、薄い黄色が10錠入っています。28錠タイプには追加で7錠、少し大きめのサイズの白色錠剤があります。それぞれの色で有効成分が異なっていますので、絶対に飲み間違えないようにして下さい。飲み間違えと飲み忘れが発生した場合には服用を中止して、また次から次のシートを飲み直していく事になります。

トリキュラーを初めて服用する時には、生理日1日目に最初の1錠を飲み始めて、後はシートの通りに服用していきます。もしもずれてしまった場合でも飲み始めて構いませんが、その時には別の避妊方法も必ず併用して下さい。正しく決めた時間に毎日飲み続けていく事で避妊効果がありますので、慣れない内は大変ですが頑張って飲み続けていきましょう。