トリキュラーやアンジュの処方を池袋で受ける

トリキュラーとアンジュはどちらも低用量ピルとしてメジャーな存在で日本国内でも数多く処方されている薬です。基本的には避妊をするために処方されているのですが、子宮筋腫などによる生理の出血を少なくするために服用される場合もあります。トリキュラーとアンジュはどちらも21日間の継続的な服用が必要になるのですが、飲み忘れを防ぐために28錠が1セットとなっているものも用意されています。トリキュラーやアンジュはどちらも低用量ピルなので注意事項や飲み方などが同じなので、好みによって処方を選択することができます。また池袋などの医療機関で処方を受ける場合には、トリキュラーを最初に処方をして、相性が悪かった場合にはアンジュの処方に切り替えることがあります。基本的には低用量ピルは同じ効果をもっていますが、成分が異なっているので、効き目や副作用の出現には個人差があるので、生活の質を高めるために適切な薬選びをしなければなりません。池袋の薬局で処方を受ける場合には、使用上の注意点の説明を受けることができるので、使用方法を間違えることがないのですが、ネットで購入をする場合にはマニュアルにしたがって服用をしなければ避妊の効果を得ることができません。基本的には生理の初日から21日間の服用が必要ですが、飲み忘れた場合は24時間以内ならばすぐに服用すると効果が持続します。また24時間を過ぎた場合には避妊の効果がなくなるので、コンドームなどを使用して避妊をする必要があります。また池袋の薬局などで薬剤師に相談をすると適切な処置の方法を指導されるので、飲み忘れなどを防止することもできます。この薬は女性の体に大きな影響を及ぼすものなので、医療機関を受診することが勧められています。