卵巣機能不全治療にも用いられるトリキュラー

大人のマナーとして、避妊は絶対に行いたいケアです。
妊娠を希望するのであればともかく、今妊娠を避けたいのであれば、必ず避妊を行いましょう。
望まない妊娠は自分はもちろん、お腹の中の赤ちゃんも不幸にしてしまいます。
良識のある女性なら、大人のマナーとしてピルの服用を、検討してみましょう。

ピルには色々な種類がありますが、その中でも現在クリニックでポピュラーに処方されている「トリキュラー」は、体への負担が少ない低用量ピルとなっています。

トリキュラーの主成分はエストロゲンと、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンです。
正しく服用する事で、排卵を抑え妊娠を予防できます。
またトリキュラーは避妊の為に用いられるだけでなく、卵巣機能不全症の治療にも、用いられるピルです。
卵巣機能不全症とは、排卵が起こらず無月経となったり、月経が長く続く、月経不順、月経が止まらないといった症状を引き起こします。

このような卵巣機能不全症の症状があるにも関わらず、治療を行わなければ、不妊症となってしまいかねません。
トリキュラーは妊娠を避ける為に服用する場合もありますが、不妊の治療にも用いられているピルなのです。

トリキュラーには2種類の女性ホルモンが含まれている為、正しく服用する事で、月経のサイクルを正常に戻す作用が期待できます。
1日1錠を21日間服用し、その後7日間は休薬します。
トリキュラーの服用を止めれば、月経が始まります。

1日に1錠飲むだけなので、手軽でしょう。
ただ、トリキュラーだけでは無く、ピル全般に言える事ですが、できるだけ服用は同じ時間に行う事が大切です。
もし、飲み忘れてしまったという場合は、早めに服用しましょう。