無排卵周期症の治療と初診料とトリキュラーの処方

無排卵周期症の治療に関しては経過観察をする場合や排卵誘発剤を使用することがあるのですが、妊娠を望んでいない女性についてはトリキュラーなどの低用量ピルを使って症状を抑えることがあります。しかしトリキュラーなどを無排卵周期症に使用する場合には費用が全て自己負担になるので、初診料の他に高額の診察料金がかかります。無排卵周期症は一般的には思春期や就職をしたばかりの女性に多く、原因に関してはストレスであるとされています。治療は経過を観察することが多いので、病院にかかった場合には初診料の他にはほとんど費用はかかりません。しかし妊娠を希望している場合には排卵誘発剤の投与をしなければならないので、ある程度の費用が必要となります。トリキュラーは妊娠を望まない女性に処方される薬なのですが、無排卵周期症に関する適用が認められていないので、自由診療となります。この場合には初診料以外にも様々な料金が加算されるので、医療費がかなり高くなることがあります。トリキュラーに関しては輸入業者などから購入することもできるのですが、飲み方が特殊なのでマニュアルなどを参考にして、正しい服用をしなければなりません。トリキュラーに関しては飲み忘れてしまうと性器からの一時的な出血などがあるので、毎日同じ時間に飲む習慣をつけなければなりません。また生理の初日から21日間飲み続けるのが難しい場合にはトリキュラー28を使用すると間違える心配がなくなります。無排卵周期症に関してはストレスがなくなると正常な生理が始まることが多いとされているので、積極的に治療をする必要はありません。しかし女性ホルモンの値が低下している場合には骨密度が低下する恐れもあるので、低用量ピルなどを服用します。